So-net無料ブログ作成
車・バイク ブログトップ
前の10件 | -

カモメカブ 更に 改造作戦  [車・バイク]

いやあ 暑いですね! 屋内は毎日40度になって 中には いられない状態です。

さて 愛車カモメカブですが、やっぱり というか 以前から気になっていた40km/h程度のもたつき が気になっています。あと アクセルの付きですが どうも悪い・・・・4スト単気筒の タタタン と言う感じが力強く来ないんですね~
それとアイドルが安定しているんですが、信号待ちで少し動こうとアクセルを開けた瞬間の戻りで アイドルが不安定になるのが気になります。エンストするといけないと言うことで ブレーキ踏みながらアクセルを開けたり、ちょっと不安ですね。 


ということで いろいろ検討した結果 やはり キャブでは無いかと((^_^;
何しろ激安だし・・・・ 2500円程度で こんなに遊べたんだからもう良いかな と・・・

本物買いました(笑) 価格は 6倍

PC20-1.jpg

左が ケイヒン PC20 右が ? PC20互換?

分解すると
PC20-8.jpg

おおっ! 久しぶりの BS フロート! メインジェット部分にガードみたいな物が付いているのが大きな違いです。

こちらは PC20互換? ((^_^;
PC20-3.jpg

ということで 早速取り付けました。

マニホールド 取り付けは、互換製品は フランジにナットが切られているのですが、PC20は ナットが はめ込まれていて 誤差を吸収出来るようになっています。 流石 Made in Japan

PC20-5.jpg


少し走って みると・・・・ ちょっと薄い感じがしたので メインジェットを#105 として試走。

PC20-6.jpg

スロー走行で かぶり気味な感じがしたので、ニードルジェットを薄めに設定!

試走した結果は 一発で こんな感じで燃焼状態も良さそうです。
PC20-7.jpg

アイドルは 超安定! ここが全く違いました。 アクセルのつきも抜群で 原付とは違う  タタタン を聞くことができます。

強いて言うと 40km/h 付近の息つきっぽい感じはまだ残っていますが、 もしかするとハイカムを入れた為? なんて思っています。(^_^; まあ 車の4AGにハイカム入れた感じは知っているので 中低速 そのままなんて言うことは 無いですから(笑)


総合して 5万円ほどの部品代で 何ヶ月も遊べ、色々な調整手法も身につきました。
もちろん 黄色 原付二種のナンバーを取得したことで やり方も覚えましたし、走行も 流れに乗って安全に走れます。
全て自分で行うと言うのは やはり時間さえあれば楽しいですね。

これで おしまいにしようかなあ なんて思っていますが、実はまだいろいろありますね。
今後の課題です。

いろいろ試した性で キャブ調整を全体的に少し覚えることが出来ましたが、本物を装着してまず思ったのは セオリー通りに動作する ということでした。特にアイドルは デフォルトでそもそもバッチリ! これにはビックリですね。 というか 本当はこうなんでしょう・・・・
スロージェットを変えるとどうなる、ニードルをいじるとどうなる、エア調整 etc。全て理論どおりに動作するので 不安が全くありません。
とにかく しっかりとした物を余計な時間をかけずに作りたいと思ったら 一流の部品を選ぶのが良いですね。

 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 キャブ調整 その4 [車・バイク]

いやあ 楽しいんですが、大変ですね~

頼んでおいた メインジェットですが 来ました!
C50-plug2.jpg

まあ 安いと言えば安いのですが、 キャブが激安だったので高く感じる(笑
間違えない様に ルーペで確認し((^_^; 番号を書いておきます。

C50-plug0.jpg


さて メインジェットを #88を付けていたので #90か もしくは #95
やけすぎですから 濃いところからセッティングした方が安全です。 #95で様子を見ようと思います。 
どうなるかなあ


C50-plug3.jpg


このキャブですが、丁度ネジの下の位置が完璧では無いのですが、空いているのでドライバーが使えます。これは 結構楽です。

・・・で ぐるっと テスト走行してきました。
低域は変わらず。 あ 低速ですね((^_^;
40Km/hを超えるところから グングン加速します。 これはいけそうです。
国道も 走り始めてしまえば 流れに乗れて、以前よりかなり楽です。
これはいけそうだぞ!と 密かに思いながらビーン と走ってきました。

プラグとのご対面!
C50-plug1.jpg

おおっ! きつね色で綺麗です。

走行で気になるのは あまりに高速域が良くなったので 低速から中速のハーフスロットルの繋ぎがちょっと ギクシャクする様に感じます。

ジェットニードルを濃くすると ダメ。低速がふけなくなります。低速は薄くしないとダメなようです。やっぱり元に戻して最も薄くすると 具合が良いのですが、この状態だと薄すぎ(エア締め込んだ状態から1/2戻し)、なんか変ですが この状態が一番スムーズですし なんか 具合が良いです。
スロージェット#35が有るので、いじった方が良いかな なんて思いますが、普通に乗っている分には問題無いので こんなものかなあ なんて思える程度ですが・・・
激安キャブなんで こんなものなのか? なんてあきらめられるような 問題の無さなんです(笑
ローで加速すると 出だしは凄い! (笑) こんなことは無かったですし、そもそも スピードの乗りが高速域で全く違うので問題無いです。あまり欲をかいてはいけませんね。

ちなみに ブレーキも当たりが出てきたらしく かなりよく効きます。
購入場所のレポートを見ますと 純正と同じくらい みたいな評価も多いのですが、私の場合全く違いました。これは 買って正解です。
取り付けた瞬間は 以前と変わりませんが、 しかし これでも凄いと思います。 当たってないのに効くと言うことですね。 当たりをしっかり出せば かなり 効きが違います。
効かないという人は ドラム内が片減りできちんと当たっていないか オイルなどが飛散しているとか、何か原因があるのでは と思います。

さて こんなところで止めておこうかなぁ~



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 キャブ調整 その3 [車・バイク]

キャブ調整ですが、だんだんと様になってきました(笑

まず 振り返ると 

ボアアップ直後。
プラグは純正のまま CR6HSA
C50-CAB1.jpg

で こんな感じだったのと キャブ PC20の ボアアップ用デフォルトセッティングが
メインジェット #90 スロージェット#35 
と言うような感じだったので 前述焼け具合を見て 不明ジェット から メインジェット #88
スロージェット #38に変えました。

その状態で 問題が有ったのは エアクリーナー。
ノーマルをなんとか生かそうと 四苦八苦して、流し台のホースを使いましたが どうも空気の流量が足りない感じ。
パワーフィルタにすると良い感じにふけるのですが、どうもダメなんです。
ということで いろいろ考えた末 吸入口を広げる作戦に出ました。
以前は 広げると低速が不安定になったのですが、今回 流し台のホース仕様だと 広げた方が良い感じになったからです。
プラグは良い感じになってきたので 武川指定の CR8HSA 2番手も一気に上げているのでかぶりが心配でしたが まあ乗った感じは良さそうです。
この時点で エア含め アイドリング調整を行いました。

・・・で 走ると、今まで 一生懸命 と言う感じだったのですが、今回は 良い感じで45km/hから ぐーん と伸びていきます。 これは良さそう!

湿度は高いですが、天候も 良くなり晴れていますので、しばらく走った後、プラグ確認!

うわぅ! 中心が 白い・・・・これはまずい・・・・
でも 燃えカス(デポジット)は付いていないので 良好か!?
スローは濃すぎるのかな? でも乗った感じは良好です。

C50-CAB_M88-1.jpg

んーん やはり危険は嫌なのでセオリーどおり きつね色にしたいので メインジェットは、濃くなる番手を ポチッ! 。。。。。

昔感じた 薄めのグングン伸びていく良い感じ なんですが~。 でも 気分的に白いプラグを見るとエンジンは心配です。

まだまだ続きますね。んーん 大変だ・・・


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 キャブ調整 その2 [車・バイク]

いやあ キャブ調整は 難しい(笑)

C50_CAB1.jpg
地元では 標高300mから1000m位が普通で、ちょっと山に行くと 2000m超え
ということで 普段乗りでも結構難しいと言うことがわかりました。


1000mくらいの所まで行くと いやあ 具合が悪い・・・・
まあ 雲の中 みたいな状態で 雨が降ってきました。 そして 現在は梅雨でますます難しいです。

雨天で湿度が上がると 混合気は濃くなりますよね。気圧が下がると混合気は濃くなります。
ということは 最も濃くなる状態・・・・(笑)


ここで薄くしてはいけませんね。晴れて かつ乾燥 気圧が高くなれば同じセッティングでも薄くなりますから。。。

メーカーさんの デフォルトセッティングを いろいろ調べてみました。

メインジェット#95
スロージェット#35 / パワーフィルタ #38
クリップポジション4段目 (濃い方)
エアスクリュー 1+1/2戻し / 2回転戻し


とりあえず スロー
C50-CAB20.jpg


これは #38です。 デフォルトで何が付いているのか 不明です。 (^_^;
PC20はデフォルトで #35? 何か書いてあればいいのですが 何もなし。タダみたいな安いキャブなので仕方ないですね。

C50-CAB30.jpg

メインジェット。これも 何が付いているのか不明なので 分かっているものを付けておかないと 後々 換えられないので とりあえず #88
といっても 買った番手では 薄い方向しかできませんので 今回 濃すぎる状態になる事を祈らないと(笑)

クリップポジション2段目 (薄い方)ですが、これは とりあえず 最初の時にやったので また試して判断したいと思います。

エアスクリュー 1.5~2回転戻し
このあたりは 半回転も変えると アイドリング時 挙動が かなり変わります。
安価なキャブですが、しっかり キャブらしく動作して((^_^; 自分としては嬉しいです。

いろいろ調べますと メーカーのキットなどは どうやら 現在の私の開始セッティングより 濃いめにしているみたいですね。

300m~1000m以上も 標高が 都会と変わっているので 海抜0mでは こちらでいうところの 少し濃い目の番手を使ったセッティングになるのかもしれません。

しかし 上手く行くかなあ。。。。いろいろやっていますが、結構難しいですね。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 仕上げ その2 [車・バイク]

カモメカブですが、絶好調!

しかし・・・ 分かっていながら気になったことが

それは ブレーキ
以前は 30kmしか出せないので 30km/hはあたりまえで 60Km/hになれば それなりの ブレーキ力が必要ですよね。
60Km/hになっても 流石にバイクだから大丈夫だろう と思っていたら、かなり問題でどうも グググ と止まらないのが気になりました。

まあ 何も言わずに交換ですね。

ところが 問題発生。 自分のカモメカブに合うブレーキシューが無いのです。

一つ発見したのは 


これなんですが、 フェードしない なんて粋なことを言っているので気になります。
しかし リアは良いのですが、フロントが対象外。
共通部品が多くて具合が良いカブなのに そんなに複雑なことやるかなあ と言う考えの基で ポチッとしてしまいました。

早速比べてみると
C50_shiage3.jpg

んーん 変わらない様にみえます。

C50_shiage4.jpg


取り付けてみようっと! ということで、説明書きにあるように、角をヤスリがけして落として、ドラム内部は綺麗に磨いた後脱脂し、取り付けました。

C50_shiage6.jpg

早速乗ってみました。少し乗って 引きずったり、して 強制的に当たりを少し出してみましたが カブの 独特のフロントサスが グッと持ち上がるほど 効くようになりました。
これはいけそうだ! ということで リヤ分も ポチ!

今まで入っていた物は 思いっきりつかんでも ブレーキが効いていると言う感覚が無かったので(笑)とりあえず満足です。

 リアもポチ っとして 装着です。

C50-RB4.jpg 

シューの角をヤスリで落とします。
C50-RB3.jpg


装着。ベアリングなども綺麗にしてグリスアップします。

C50-RB2.jpg


車体側も綺麗にしてグリスアップします。
しかし 以前から思っていたのですが、カブって整備しやすいですね。チェーン取らなくても サクッと整備出来ちゃいます。素晴らしい!!
C50-RB1.jpg

そのほかでは オイルポンプ、オイルクーラー、強化クラッチなど まだまだやりたいことはあるのですが、できるだけ おとなしく乗って、状況を見るために 再分解するときに、一緒にやろうと思っています。 ガスケットとかもったいないですから・・・


あっ! 風防も付けなくちゃ・・・ 雨の日でもOKな風にしておかないと・・・・ 無いと具合が悪いです。

普通の物は高いし・・・・ 何とか安価な物で

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 仕上げ編 [車・バイク]

さて スーパーカブ。仕事の相棒ですよね。

ということで 仕事 や 遊びに これから 元気に大活躍出来るように 仕上げをしました。

まず 全開述べた パーコレーション対策 と やり残していたエアインテークのダクト。
燃料バルブを 移動して 丁度 ガードの穴の中に持ってきました。
燃料パイプの曲がりを緩くしながら インマニから遠ざけました。

エアフィルタから来るダクトは 流し台のパイプ((^_^;  ほぼピッタリでした。
C50_shiage1.jpg
ただし 細くなったのと抵抗が有るので影響は有りますよね。 乗ってみたところやはりフケはいまいちですが、 良いものを知っているのでそう思うだけで まあ 大丈夫だと思います。
一応 万一の為に 直付けのフィルタも買ったのですが、雨や埃を考えると 我慢した方が良さそうです。 直結フィルタだとさらに 燃調やり直さないとならないし、面倒です。

あとは リアのボックス。
荷物は何かと入れたいですし、ちょっとした仕事での 移動では 鍵も欲しいですね。
のんびり ツーリングには大荷物。 全部何とかしたいと思ったのと 価格が激安で と言うあれもこれも・・・
定番の アイリス大山にしました。

C50-shiage2.jpg
荷台にM8の穴を開けて ボックスの内側に金具を付けて とも締め。
グチャグチャに割れなければ 取れませんので OKとします。
まあ 鍵と言っても 金庫では無いですし、ちょっと・・・ と言うときのためなので直ぐに開かなくちゃ OKです。

ちょっと??? と思ったのは この箱 蓋をあけた状態で横にずらすと 蓋が簡単に外れちゃいます。
鍵が後ろ状態だと サイドスタンドを立てて箱を開けていると 歩道側(左側)にバイクが傾くわけで蓋が落ちてしまう(大汗

んーん これは要改良です。 さてどうしよう・・・・
C50_shiage2.jpg


C50_shiage21.jpg


とりあえず Φ2の穴を開けて 割ピンを刺しておきました。

しかしやすいなあ・・・・

これで 工具積んで 慣らし運転兼ねた 試運転でも行ってこようかな なんて思っています。









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 キャブ調整 [車・バイク]

最も面倒な キャブ調整です。最初の1発目ですから壊れないように濃いめを狙います。

とりあえず 今回良いなあと思ったのは 新品キャブで、調整のセオリーが全部普通に出来たこと。
まず アイドリングのエア調整で締め込んだ位置から戻してくるとしっかりと アイドリングが上がってくる。 キャブがダメになるとこれが上手く行きませんでした。


さて 50Km程走ってみた感想

1,3rd 40km/h 程で不安定。燃料が濃い状態に感じます。
2,50km/hからの 全開での伸びはOK
3,エンジンが熱くなると 燃料不足みたいな症状
4,プラグは きつね色。 周りはカーボンだらけ((^_^;
C50-CAB1.jpg
ということで スローから中速 関連をいじろうと思っています。
ちなみに 慣らし運転中 なので プラグは そのまま(劇(^_^; 大丈夫かなあ ということで プラグを確認しつつ乗っています。 薄いと壊れますから・・・

なお 3の燃料不足みたいな症状ですが、パーコレーションを疑っています。
今回 純正キャブから PC20タイプに変えましたが、純正は燃料コックがキャブについていたのですが、今回は無いので 社外品に変えました。この経路の関係で どうやら良くないみたいです。
マニホールドから遠ざけ かる急な曲がりが無いようにして 取り付けました。

次にジェット類。 スローと言えば スロージェットと思われますが、最初にいじるところは もっと簡単なところから・・・。それは ニードル。
手で回せば出てきますからね。メインジェットから と言う方もいるのですが、当然慣らし前では全開が出来ませんので ゆっくり走るところをとりあえず・・・・
今回 全開はしていませんが 50km/h位からの加速にとりあえず ボーとか 大きなガクガクなどの問題は無いので メインジェットは 慣らしが終わった時点で行います。
C50-CAB3.jpg
さて ニードル。
これは スロットルワイヤにつながってて ガソリンの濃さを 決めるものなのですが、位置調整ができるようになってます。

クリップ位置 ニードル先端側 → 燃料が濃くなる
クリップ位置 ワイヤー側 → 燃料が薄くなる

になります。

元はと言えば 最も濃い状態から2番目でした。 まあ 薄いとエンジンが壊れる場合も有るので 正解かもしれません。濃い状態からが安全ですね。
今回は かなり 不安定だったので 2段(中心から薄い方に1段)動かしました。
C50-CAB_KETTEI.jpg
さて 今度は バッチリです。もたつきも無く アクセル全開にした時の繋がりも良好です。
これで しばらく乗ったら プラグ確認ですね。 

ちなみに 最も薄くしたらダメでした。(^_^;
C50-CAB4.jpg

慣らし運転が楽しみです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 キャブ装着 と ナンバー取得 [車・バイク]

さて キャブ。
色々迷ったのですが、まともな物は うん万円もするんですよね。
実は 改造計画は 5万円以下 と心に決めていたので、中国製のキャブを買ってみることにしました。
まあ 流石に動くのではないかと・・・・

選んだのは PC20相当 互換品らしい amazonで ポチッ! 2700円。


(現時点で在庫切れみたいです)

あとは マニホールド。これは 長野のミニモト(中国製造です)1650円 ポチッ!

エアクリーナーは 純正は使えそうも無いのですが、なんとかトライすることにしました。
ガソリンコック、メインジェットなど 細かい物も注文 ポチッ!3000円くらい。

さて 大問題のキャブです。
カモメカブの場合 色々スペースの関係で付かない場合も多いようです。あまり書かれていないのが怪しい。


キャブは 全分解して バリ取りと洗浄。 バリは意に反してほとんど無し。カッターの刃でない方の角を使ってサラッと落したりして終了。
ジェット類も問題無さそうです。

ちなみに 何でキャブも変えようかと思ったかというと パワーを求めているのでは無く、以前レストアした純正品ですが、中は固着状態が酷くレストア時にかなり磨いたんです。どうも それが問題あるんじゃ無いかと・・・ どうしても減ったり傷が付きますから・・・
C50-kai5.jpg
マニホールドは 到着してみると デカッ! 
C50-kai4.jpg
かなり心配になりましたが、キャブを付けて見るとそれほどでもなく しっかり付きました。
シリンダーヘッドですが、リューターで削ろうかと思ったのですが、失敗すると元に戻せないのであえて 段差付きのまま放置。 トルクアップさえすれば良いので、無視、無視 無視・・・でも 将来は(笑)

アクセルワイヤーは そのままでは以前のキャブから外せなかったので、仕方なしに 結構いろいろやったら壊しました。 ゴメンナサイ と言う気分になりました。 ワイヤー先に買っておけば良かった。

とりあえず 装着。 問題はエアクリーナーと 燃料コックです。
純正は 燃料コックがキャブに直付けされていますが、今回は1系統。
社外品の燃料コックを付けてそこから キャブに配管。
エアクリーナーは ダクトがどうしてもフェンダーに当たってしまうので 内部の鉄の枠を曲げて ギリギリ擦るくらいにしました。 性能ダウンですね。 大丈夫かな? 
これは 後でなんとか考えます。
一応 エアフィルターは 安い物は買って有るのですが、やはり純正品が雨の日でも安心で良いですよね。

C50-kai6.jpg

こんな感じになりました。

さて エンジン!
いやあ 全くかからない・・・ なんで?
かなり焦っています。元のキャブは無いし・・・ と思って とにかく長時間キックしていたら なんと ブル!
あれ あれ と何度もキック。人間の限界で ヨタヨタしたその後 始動! どうやら 整備中なので燃料タンク最小で動作させていたので燃料が上手く行っていなかったようです。ヨタヨタで燃料パイプに燃料が行ったかも。ONから リザーブにました(笑)
実は ものすごく焦りました。
どんなものでもそうですが、動いている物は直しやすいのですが、動かない物は かない大変ですから・・・・

問題のキャブ調整。 メインジェットとかは沢山用意しているのですが、 どっちみち慣らし運転をするので スロー側がきちんと調整されていれば問題無い と思い、とにかくスローを何とかしました。

エアスクリューの戻しは 半回転くらいで 安定。 つまり 多分 少し 薄いですね。 
その状態で アイドル調整して 空ぶかしすると どうも変。 失火では無いのですが アクセルに付いてこない。標準的な 1と1/2程度戻してもあまり変わらず。これはキャブでは無い と判断はしてみたものの 変だなあと いろいろ考えたのですが、やはり キャブを分解するのもなあ・・・ と とりあえず スロージェットの予備を買ってはみたものの やはり 変。 というのは、最初は良かったんです。キャブなら いつでも変なはずです。
良い物が 悪くなるのは なんか変化が。 温度かとも思ったのですが それにしても そんなに変わるかなあ と・・・あれこれ 見たら・・・ エアクリーナーに隙間が。
どうもスーパーカブは このあたりがシビアなようです。以前もこれで不調になりました。
上手く塞いだら なんと絶好調!

もう いても経ってもいられず 速攻 改造申請書を作りました。
ということで 速攻 改造申請書もって 資料も持って 判子持って 書類揃えて、市役所へ・・・・・

あっ! 初めて知ったのですが、一度廃車するんですね。 
新しく 88ccの改造バイクで登録して 晴れて黄色ナンバー取得。 改造申請書作っておいたので 話は早くて 超簡単でした。料金もかかりません。 税金が高くなるだけです((^_^;

いやあ 嬉しかったです。 昔はやりたくてもなかなか出来なかったですから・・・小さな夢でした。
しばらく慣らし運転 と行きたいところですが まだ問題が。早く乗りたいのですが、まず重要な自賠責です。
これは 友人の自動車屋に電話をして 速攻 来ていただいて、判子をついて 移動申請。
ついでに 友人にエンジンの音(メカニカルな方)を聞いていただいたのですが、上手く組み上がっているみたい と太鼓判。良かった!
実はこの人 外車のバラバラのバイクのエンジンを組み立ててしまうほどの達人です。やはり 音が勝負です。音って機械の摩耗状態とか 動作状態とか 色々解りますよね。
ここにも オーディオの知識は知らず知らず有効に働いています。
タペットなんかも 音ですね。調整時は 最終的には隙間の具合は指の感。5/100の 2/100差 位は解るのですから凄いですね。
ちなみに 口の中の歯。治療した際などの段差が気になることありますよね。同じように 100分台が多いそうです。

仕事では プラスチックの巨大な押し出し成形機ですが、ずっと整備してきましたが、 良い音しているときはまず大丈夫なんです。ベアリングが減ってきたり オイルが劣化してくると音が変わります。
切削工具なども同じですね。

というわけで これで やっと慣らし運転が出来ます。
おっとその前に ステッカー。 例の三角とフロントの半円みたいな アレですね。

晴れて 原付二種!

家の周りを グルグルグルグル・・・・ なんか 気持ちが良いですね。
40km/hで走っていても 問題無いし(笑) 交差点でもスッと発進出来るし・・・

10kmほど走って戻ってきました。

とにかく トルクが凄い! セカンド発進は 今までは 足でエイッと蹴ってでたのに アクセルだけで そのままグイグイ加速! 以前は 40kmからは 使う気もしない 加速だったのに、そこからぐんぐん加速しちゃいそう。
もちろん慣らし運転なので 40km/h以上出さないように 頑張りました。
ローでの発進 平地では要らないですね。 これは凄い。 慣らしが終わったら 積む荷物の重量や坂路など確認し、使用回転数に応じて 問題あったら減速比を変えようと思います。
60km/hで 余裕を感じられて かつ 荷物を積んだときの坂路などで問題が無いか と言う感じですね。

・・・で

実は ガソリンパイプが古くて緩かったりしていたので 手配済み。それを交換したら全部組み立てて 慣らし と キャブ調整に入りたいと思います。

壊れないことを祈りつつ・・・


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 エンジン調整(タイミング) [車・バイク]

さて あそこまで終わったので あとは エンジンかけてみよう!
ということで スプロケットカバー付けたり マフラー付けたり 元通りにして・・・・・

おっと! どうせ スプロケット換えるので、今のうちに換えておきます。
というのは 慣らしをしなくてはいけないので 回転数が上がってしまうローギアードではよくありませんので・・・・

元は13Tですが、15Tにします。
8500rpm時 速度が 60Km/hから 70km/h 位に変化します。
もう少し最高速が欲しいですが、ハイカムを入れてあるので 9500rpmほどは問題無く回ると思いますので とりあえずそうしておきます。

C50-kai2.jpg

ドキドキの エンジンスタートです!
チョーク引いて・・・ キック! あれ? なんだか 変・・・ 圧縮が無いような?
更に一撃! やっぱり変。
ただ 何回かキックしていると抜けている感が無くなりました。 もしかして オイルが回っていない(劇(^_^;

と思ってキックしていると ブル スコン。 おおっ! かかりそう。

5分ほどの格闘の末 かかりました!。 なんか 全然良い音している! (やっぱり音から入りますね)

あまりに問題が無いので しばらく暖機して ちょっと乗ってみました。
セカンドで 。。。 おおっ! 雲泥の差! グイグイ加速します。

これは 壊さないように まず タイミング調整

C50-cyousei2.jpg

じゃーん。 大昔 うん十年前から使っている タイミングライト。 ナショナル製です(^_^;
C50-CYOUSEI3.jpg

タイミングをみてみますと ほんの少し 進角気味ですが、まあ 逆に問題無いでしょう!

C50_kai1.jpg

C50-kai3.jpg

スタンドも シャーシブラック塗って 少しは綺麗になりました。

慣らし運転の前に ナンバー取らなくちゃ ・・・と その前に キャブ!
気になるのは ノーマル状態での息つきです。 キャブ換えれば治るかなあ
プラグをみてみますと ちょっとかぶり気味。 家の敷地内だけなので まあ とりあえずOKとして さて 次は キャブだ!










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カモメカブ 改造作戦 キット到着 [車・バイク]

C50-bunkai8.jpg

ガレージで朝日を浴びて たたずむ カブ君 

そして 待ちに待った キットが到着!
C50-4.jpg


じゃーん!

C50-3.jpg

おおっ! 流石アルミで綺麗ですね。

事前に カムシャフトやロッカーアームなども綺麗にしておいたのですが・・・・あっ!
カムシャフト どのくらい違っているのか興味があります。
C50-bunkai11.jpg

んーん 左がハイカムですが、ほんのちょっとカムの位置がズレているようです。
まあ 自分では作れないので、後で専門家の話を聞きに行こうと思います。

実は 私の友人に凄い人がいて 車の設計をしていた人がいます。
エンジンは勿論、全てやっていました。F3000から市販車まで・・・・
今度 聞きに行ってこようと思います。

と言うことですが 早く仕事を終わらせて・・・・


C50-bunkai10.jpg

さて組んでいこう!
取扱説明書では ピストンなどからなのですが せっかくいじっているので まず ハイカム入れちゃいます。

・・・で お次はピストン!
C50-bunkai12.jpg

事前にピストンリングを入れておいたピストンを、クランクに付けます。
これが 最も難しい作業でした。 クリップが上手くはまらないのです。
というのは 机の上ならなんとか行くのですが、4本のボルトの隙間から作業をし、かつ ピストンに傷が付かないように、かつ クリップを吹っ飛ばさないようにしなければんりません。
これが最も大変でした。
ちなみに ピストンリングプライヤーも持っているのですが、この程度の大きさのピストンリングでは不要でした。

あと 今回感動したことなのですが、ピストンのスカート部に 灰色の物が見えますが、多分テフロンか何かです。
昔は マイクロロンなどでテフロン処理をして組んだ方が当たりが良かったのですが、 現在ではこういう風に最初から付けてあるんですね。 一流のものは多分こういうところが違うんだと思います。
高くても しっかりしたものを買った方が良いですね。

お次はシリンダー!
事前に 旧シリンダーとピストンではめる練習をしておいたので 比較的楽でした。
ここでも 手持ちの ピストンリングコンプレッサーは不要でした。手で出来ちゃう((^_^;

C50-bunkai13.jpg

そして シリンダーヘッド取り付けです。
C50-bunkai14.jpg

高圧縮で バルブの逃げがギリギリなので大丈夫かなあ なんて思う狭さです。

シリンダーヘッドが上手く装着出来たら お決まりのトルクレンチで 締め込みます。
これは やはり必要ですね。ネジ締めは 何十年もやっているので 手でやっても 結構均等に出来ますが、きっと 後で差が出ると思います。
C50-bunkai15.jpg
定番の東日製 モータースポーツ用を使っています。

C50-bunkai16.jpg

最後に カムスプロケット 装着。 スプロケット の ○ マークと キリカキを合わせて元に戻します。

仕事が終わった後 で始めましたが 約2時間半くらいかかりました。

疲れたのと 慌ててやると失敗するので 本日はここまで! 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 車・バイク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。